お肌に優しいファンデーション選び

MENU

お肌に優しいファンデーションの選び方とは?

40歳以上のメイクのベースキメテは、化粧下地とファンデーションです。

 

 

ポイント

ファンデーションは、なるべく
お肌にとって負担がかからないアイテムを選ぶのがおすすめ。

 

 

肌に負担がかかると、お肌のトラブルを引き起こしたりします。

 

 

 

厚塗りは、老け顔に見える第一歩

肌のトラブルや気になる部分を隠そうとすると、
余計にファンデーションが厚くなる。

 

そんな経験ありませんか?

 

なるべく薄目に・・・・と心掛けると、カバー出来ない部分が出てきますよね。

 

そうすると、なんか自然に厚ぽったく塗っている・・・
これでは悪循環です。

 

 

ファンデーションもまた、肌色や質感を均一にさせるもの。

 

 

なので、ファンデーションもお顔にぬる時場合は、
同じ量を同じように塗ると、美しくなるわけです。

 

 

ファンデーションの選び方

ファンデーションもタイプ別に、種類がたくさんありますよね。

 

 

  • パウダーファンデーション
  • リキッドファンデーション
  • BBクリーム
  • CCクリーム

 

 

 

どれがいいのか?というのは、肌の質感やどういうメイクをするかによっても違います。

 

自分の気に入ったテクスチャーで選ぶ

 

本来トラブルがなくキメが整った肌は、どんなファンデーションを塗っても、
塗り方次第で、美しくなるみたいです。

 

好きなテスクチャー(塗り心地)のモノが一番いいですよね。

 

自分の肌色に合ったファンデーションのカラーを選べば間違いないです。

 

やってはいけないこと!!

 

肌より白いものを選ぶのはやめましょう!!

 

 

肌が白いほうが透明感が出ていて美しい・・・とは限りません。
肌色があなたの肌にあってこそ、美しいんですよ^^

 

 

自分の肌と向き合って、素肌をキレイにしていくと、
くすみも取れて、透明感のある肌になっていきます。

 

 

そうすると、ファンデーションのカラーもどんどん明るい色に変化していきますよ^^

 

 

素肌のスキンケアをしっかりやっていきましょう。

 

 

関連記事も合わせてどうぞ!!

化粧下地は必要か?
大人のメイクは若い頃とちょっと違います。 ポイントを抑えれば、マイナス10歳肌も夢ではない。 では、化粧下地って本当に必要? 化粧下地の使い方と選び方をレクチャーします。