老け顔を作らないポイントとは?

MENU

老け顔の原因を知る?老け顔を作らないポイントです。

老け顔脱出!

老け顔って・・・・
いつ頃からそう思うのでしょうか?

 

 

鏡を見てなんかこう肌が・・・・
っていう年頃になると、じーっと見つめることが
多くなってくるような気がします。

 

 

 

 

「自分の顔、こんなだったかぁ?」
って、ビックリする時もありますよね。

 

 

老け顔って、イメージだとも思いますが、
どうして老け顔になってしまうのか?

 

 

原因を知ることで、老け顔を作らないポイントにもなります!!

 

 

 

老け顔の原因とは?

老けの顔の原因は・・・・・ズバリ!!

 

「顔立ちが」老けているかどうか?
っていうことらしいです。

 

 

顔立ちっていうのは、遠くから見た印象だったりします。

 

 

小さなシワ・シミなどは、ほとんどといっていいほど、
遠目には解らないでしょう?

 

 

「顔だち」=「肌色」なんだって!!

 

 

年齢を重ねてくると、くすみがお悩みっていう方も多いでしょう?
くすんだ顔色って、やっぱり老け顔に見えますよね。

 

 

かといって、ファンデーションを厚く塗る・・・
このことがまさに老け顔に見せているっていうこともあります。

 

 

 

 

老け顔を作らないポイントとは?

若い頃って、血液の循環もいいので
遠く方見ても、キレイな肌色に見えるはずですよね。

 

 

シワ・たるみなどもパッと見てわかることかもしれませんが、
全体を印象的にとらえると、やっぱり顔色が衰える・・・っていうことが
一番老けの原因となるらしいです。

 

自分の顔色をチェックする!!
そして、それをカバーするのがメイクの役割でもあるわけ。

 

 

 

ベースメイク(ファンデーション)を選ぶときのポイントにもなりますので、
自分の肌色を知るって大事です。
チェックするポイントは3つです。

 

 

 

青ぐすみ

年齢を重ねると、血色がわるくなり肌の赤身が減少していきます。
透明感がなくなって暗くなってくるのを、青ぐすみというみたいです。

 

赤ぐすみ

肌の表面の毛細血管が膨張して、透けて見える状態。
年齢が重なると、赤い部分が暗くなって見えるみたいです。
更年期障害での、ホットラッシュ(ほてり)などもその一つともいえます。

 

黄ぐすみ

肌って、不思議なもので年齢を重ねると肌の材料でもある、
タンパク質が糖と結合して糖化するそうです。
これが茶色っぽく見える原因。
特に日本人の肌は黄色を帯びているので、その茶色と結びついて、
黄ばんで見えるのが黄ぐすみです。

 

 

 

自分の肌色、今どんな状態でしょうか?
日々肌は変わっていきます。
自分の肌色をチェックして知ることで、老け顔を作らないようにしていって!!

 

 

 

関連記事も合わせてどうぞ!!

化粧下地は必要か?
大人のメイクは若い頃とちょっと違います。 ポイントを抑えれば、マイナス10歳肌も夢ではない。 では、化粧下地って本当に必要? 化粧下地の使い方と選び方をレクチャーします。
お肌に優しいファンデーション選び
大人のメイクは若い頃とちょっと違います。 ポイントを抑えれば、マイナス10歳肌も夢ではない。 特にファンデーションの選び方も重要ね。 お肌に優しいファンデーション選びをレクチャーします。